19歳の専門学生YuriをPICK UP!!
今回はSHOP店員兼専門学生の古着好き、Yuriにインタビューしました!!
ぱっちりした目が印象的なYuri(*´艸`*)
そんな彼女の中身とは………!?

Yuriのお仕事とは

BF STAFF(以下BF)『Yuriは、お仕事なんですか?』

Yuri(以下Y)『生だけど今は元々興味のあったアパレルをやってます!お正月の初売りとかも経験して,アパレルの華やかじゃない大変さも身にしみたのでショップの店員さんには優しくね(笑)』

BF『ショップ店員さんってなんか華やかにしか見えないけど、やっぱり大変なんだね!忙しいと病気なったら大変じゃない?当日急に休めるわけじゃないでしょう?』
Y『大変ですよ〜福袋が30分足らずで売り切れましたし(笑)
こないだインフルエンザになったばっかりですけど;;うちの店は急病の場合ちゃんと考慮してくれましたv』



BF『なかなか仕事しやすそうで素敵な職場だね(^o^)じゃあ・・・バイトでなにか、面白い体験談ってありますか?』

Y『そうですね,助かります!
面白い体験談〜...』


BF『じゃ逆に辛かったこととか…バイト以外でも、なんでもいいですよ.』

Y『バイトでネタありました(笑)
試着希望のお客様を試着室があかないがためにご案内できなくて怒られてしまったこと;;
辛いというかびっくりして対応できなくて悔しかったですね。
おもしろいこと今日ありましたよ!(笑)
試着散々して撮影会までしといて何も購入せず帰られたお客様...何のための撮影なのか謎ですよね(笑)』


Yuriのこと

BF『Yuriは、どんな人がタイプなの?』

Y『まわりの人のこと考えられる,気配りができるひと★見た目的には細くて古着を上手に着こなしてる人★そして眼鏡なら最高(笑)』

BF『あぁ(笑)なんで眼鏡なの?ずっと眼鏡好きだよね.』

Y『ええ眼鏡ウェルカムです(笑)知的なところというか...独特な雰囲気が好きですw』

BF『じゃあ芸能人で言ったらズバリ男性は誰が好み?』

Y『永井大さん!
笑顔と体育系なのがいいですね〜★』


BF『永井くんは爽やかだよね!じゃあ爽やかな男性とか、目を追っちゃう?(笑)』

Y『爽やか系危ないです〜(笑)
後最近瑛太さんみたいなおしゃれで独特なオーラを放つ方々..かっこいいです(´∀`)』


BF『Yuriは、将来なにがしたい?』

Y『只今模索中(´・ω・`)
自分のできることで人の役にたてる仕事ができればなあ〜と。今年をそれなりにとって考え方も大人になったら介護士がしたいです。』


BF『じゃあ、旦那様はどんなお仕事の人がいい?』

Y『多少収入があって(笑)頑張って仕事していれば業種関係ないです*
あ,後危ない方向もちょっと...(笑)』


BF『危ない方向って?』

Y『え〜お巡りさんにお世話になるような...(笑)』

BF『危ない方向の人は、だめってことだよね?』

Y『だめです!絶対だめです!(笑)』

BF『Yuriの美容ブログを見てモデルにスカウトしたんだけど、なぜ美容ブログをやろうと思ったの?』

Y『前から思ってたけど,キレイになるのって大変なんだよね;;
お金もかかるし時間をとられることばかり。あたし自身物の金額にはすごくシビアで(笑)もっと手軽にキレイにを追求したい気持ち。
それと案外美容に関することって細かくわからないものですよね。例えば日焼け止めの表示の意味..とか。そんなことを知識程度でも知るのって私自身楽しいんです。だからそのおすそ分けを勝手に(笑)しようという気持ちで始めましたv』


BF『本当に!じゃあBeauty Freeのコンセプトに合ってるね!』

Y『ですね〜これからもBFモデルの任務を任されたことですし更新頑張ります★』

Yuriの美容意識

BF『美容コラム書いて、なにか変化とかありましたか?』

Y『とにかく調べたものを試すようになりました★身近なものでパックしたりダイエットに取り組んでみたり。』

BF『いいことだねー、是非続けていってほしいです.それじゃあ、第一回目のコラムについて、なにかコメントをください!』

Y『記念すべき第1回目は,男女関係なくしているヘアカラーについてを美容師さん側からの意見を用いて考えました。わかりやすく書いたので是非見てみてください★』

BF『Yuriがこれから挑戦したいことは?』

Y『高い買い物!!!いつも安いものばっかり買いあさってるので未知の領域です(笑)
何万の質のいいバッグとか自分へのご褒美に買ってみたいですv』


もし目の前にあったら

BF『今10万円が手元にあったら、どのブランドを買いますか?』

Y『今決まったブランドで好きなとこはないので,原宿の古着屋さん巡ってしこたま買いますv
10万あったら買い物カゴ2杯くらいいけるんじゃないですか(笑)』


BF『じゃあ、例えばサマンサタバサとかバックは買わないの?
古着とか服に目がいっちゃう?』


Y『あたし普段買ってるものが3ケタの値段だったりするんで感覚おかしくなりますね(笑)
今はまだ古着でいいかな〜と。ブランド思考がなくなりました。それと同時に考えるようになったのは着る人の質。
いくら高い可愛い服着てたって,髪ボサボサでメイクもしてなければ映えません。でも安い服着てたってブランド物とmixしたり着方を変えて身なりもきちんとすればそれなりの値段に見えます。
問題はブランドか高いものか,ではなくてそれに見合う自分であるかだと私は思います。"年相応"ってのも利にかなってるんじゃないかと。
ブランド物は確かに可愛いけれど頼りすぎるのはおしゃれと言えるのかなって最近思います。
まあ何事も適度にね(笑)』


BF『背伸びしすぎず、自分に合う服をよりよく着るってことかな?』

Y『そうですね!何か長ったらしく語っちゃいましたけど,そのための努力を惜しまないお洒落さんになりたいです★』

取材後記

Yuriへのインタビューどうでしたか!?
Yuriはこれから、Beauty Freeでモデルをしてくれたり、美容コラムを書いてくれます(=´▽`)ゞ
嬉しいですね〜♪
これからの彼女の活躍も楽しみです!!

そんなかんじで、第一回目のTEENAGE INTERVIEWを終わります(〃゚∇゚〃)
Yuriありがとう!!

THANK YOU♪








- mono space -